2009年12月30日

インターフェロン治療の助成

C型肝炎に使われるインターフェロンの治療は、数回の投与で治る人もいれば、長期にわたって50回、70回と投与しなくてはいけない人もいるほどです。
副作用のことなども考慮して、少量のインターフェロンを長期にわたって投与する治療もあるそうです。
インターフェロンは一回の治療が高額なため、途中で治療を断念する方もたくさんいらっしゃいます。

現在、政府はインターフェロンの助成金について検討しています。
ニュースによると、所得に応じて月額1万から5万の負担にするという案もでているのだとか・・・
通常1年間で約70万円はかかるといいますから、この差は歴然でしょう。

  続きを読む

Posted by 副業 at 19:53Comments(0)C型肝炎治療

2009年12月23日

C型肝炎とアルコールの関係

一日の終わりに、ホッと一息つく時間は、至福のときですね!
皆さんは、何をされますか?
コーヒーを飲む人もいれば、家族でテレビやゲームを楽しむ人もいるでしょう。
お酒を飲む人も、多いと思います。

お酒の飲みすぎは肝臓に悪いというのは、よく知られていることです。
では、C型肝炎になった時には、お酒とどのように付き合えばよいのでしょうか?
C型肝炎の治療が始まると、医師からお酒の摂取量についてのアドバイスがあると思います。
おそらく「飲んでもいいですよ」という医師はいないでしょう。
なぜなら、C型肝炎の方がお酒を飲み続けると、病気の進行率がとても早いからです。
特に女性は、少しの量でも、肝硬変になりやすいのだそうです。
C型肝炎の治療を始めたら、きっぱりと禁酒をするようにしましょう。
しかし、ストレスを抱えることは、かえって体によくないかもしれません。
どうしても我慢できなければ、医師に相談して摂取量のアドバイスを受けるようにしましょう。
  続きを読む

Posted by 副業 at 20:18Comments(0)C型肝炎

2009年12月15日

薬害C型肝炎訴訟

薬害C型肝炎訴訟について、見てみましょう。
血液製剤フィブリノゲンによって、C型肝炎になった方達が、「薬害肝炎被害者の会」を結成したのは、2002年9月のことでした。
事の発端は、2000年8月24日に行われた薬害根絶デーでの、男子学生の訴えでした。
自分はC型肝炎であるということを大勢の前で発表し、薬害問題はエイズ以外にもあることを訴えたのです。
この青年の発言に勇気付けられた被害者20人が、「薬害肝炎被害者の会」を結成します。
そして、そのうち16人が2002年10月21日に東京と大阪の両地裁に集団提訴をしました。
これが、今回の薬害C型肝炎訴訟の始まりです。
  続きを読む

Posted by 副業 at 23:33Comments(0)薬害問題