2009年10月29日

C型肝炎治療は周りの理解協力が必要です

C型肝炎は、感染が怖いと言うイメージがありますね。
しかし、普通の生活では感染しないことは、患者さん自身は当然、理解されています。
一番困るのは、周りの理解を得られないということでしょう。

C型肝炎の治療は、根気が必要です。
時には、不安になったりイライラしたりすることがあるでしょう。
薬の副作用でなることがあるようですから、周りの協力なしでは前に進めませんね。
一人だと心細いけど、家族や恋人、友人の励ましがあれば、もう一踏ん張りできるはずです。

例えば、すでに結婚されている方ならば今後の生活において注意しておかなければいけないことを、家族全員で理解すれば良いのですからとても心強いものだと思います。
しかし未婚の方がキャリア保持者であることが分かると、恋人にその事実が言えなくて悩んでいる方が多いようです。
病気を告白して嫌われるのではないか・・・と思うのは、皆さんそうだと思います。
でも、知らない間に感染している可能性が、全くゼロではありません。
勇気を出して告白して、相手の方にも検査を受けてもらうようにしましょう。
普段の生活で気をつけなければいけないことを、しっかり理解してもらえれば、今までどおり普通に生活を送ることができるのですから。

C型肝炎に限らず、全国にはいろいろな病気で悩んでいる人がたくさんいます。
大切なのは、その病気を理解してあげること、そして出来れば、ちょっとした気遣いができるようにしたいものですね。


同じカテゴリー(C型肝炎治療)の記事
 インターフェロン治療の助成 (2009-12-30 19:53)
 これから検査や治療を受ける方の事前準備 (2009-11-01 20:03)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。